パジャマ人間

日常の思考や嗜好やなにかの感想など

ジャイアントコーン

ジャイアントコーンが好きだ。

グリコのアイスクリームも大好きだが、そちらではないほうの、ミックスナッツなどに紛れ込んでいる、でかいとうもろこしのほうである。

幼い頃、たまに父が買ってきていたミックスナッツを少し分けてもらうことがあった。

その中で、アーモンドよりもカシューナッツよりも衝撃を受けたのが、ジャイアントコーンだ。

この頃はジャイアントコーンという名前さえ知らなかったのだが、ほんのりと効いた塩味とガリガリとした歯ごたえが、たまらなくおいしく感じた。

しかし、父はそんなに頻繁にミックスナッツを買ってきていたわけではなく、私がジャイアントコーンに出会うことのできる機会は数年に一回という少ないものだった。

そんなジャイアントコーンとの再会を果たしたのは、社会人になった私が、大学在学時に所属していたサークルのOB・OG会に参加したときのことである。

二次会だか三次会だかで入ったバーで、お通しとしてミックスナッツが出てきたのだ。

その頃には、ジャイアントコーンとの思い出も記憶から消えかけており、ジャイアントコーンの姿を見てもあまりピンときてはいなかった。

しかし、やはり何か感じるものがあったのか、私は真っ先にジャイアントコーンを口に運んだ。

再びの衝撃を受けた。

これ、あれじゃん! 昔食べたことのある、おいしいあれじゃん!

このときも、まだジャイアントコーンという名前を知らなかった。

何食わぬ顔でジャイアントコーンばかりを口に運び、思考停止状態でガリガリやっている私を見て、

「よかったら、これも食べなよ」

先輩が、自分の皿にジャイアントコーンを選り分けてそっと差し出してくれた。ジャイアントコーン狙いだということがバレバレだったのだ。

「わたしのもあげる」

なんと、友人も自らのジャイアントコーンを差し出してくれた。

みんなからジャイアントコーンを奪ってしまい、申し訳なく思いながらも、ありがたくガリガリやらせてもらった。

この再会をきっかけに、ミックスナッツに入っているでかいとうもろこしの名前を調べた。

ジャイアントコーンというらしい。そのまんまだ。

ミックスナッツに入っている少量のジャイアントコーンではなく、もっとたくさんのジャイアントコーンを食べてみたくなった私は、ジャイアントコーンだけの商品はないものか、と探した。

普通に、カルディにあった。

しばらくは、カルディに行くたびにジャイアントコーンを購入してはガリガリ楽しんでいたのだが、カルディは自宅から車で一時間のショッピングモールに入っているため、頻繁に行けるお店ではない。

近所のスーパーにあればいいのに、と思っていたら、これまた普通にあった。

以前はなかったはずなのだが、流行しているのだろうか。ありがたく購入し、存分にガリガリしてやった。

ジャイアントコーンばかりを食べることができて、満足しているはずなのだが、不思議なことにどこかで物足りなさを感じている。

ジャイアントコーンだけの商品よりも、ミックスナッツに入っている少量のジャイアントコーンのほうがおいしいような気がするのだ。

思い出補正されているのかもしれないが、父や先輩、友人と共有した楽しい時間込みのジャイアントコーンなのかもしれない。