パジャマ人間

日常の思考や嗜好やなにかの感想など

映画『空母いぶき』(監督:若松節朗)

自分の脳味噌の限界であらすじをまとめることができなかったので、今回は公式サイトのINTRODUCTIONより引用させていただきます。

20XX年、12月23日未明。未曾有の事態が日本を襲う。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、わが国の領土が占領されたのだ。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じた。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》だった。計画段階から「専守防衛論議の的となり国論を二分してきた《いぶき》。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐。そしてそれを補佐するのは海上自衛隊生え抜きの副長・新波歳也二佐。現場海域へと向かう彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には敵の空母艦隊までもが姿を現す。想定を越えた戦闘状態に突入していく第5護衛隊群。政府はついに「防衛出動」を発令する。迫り来る敵戦闘機に向け、ついに迎撃ミサイルは放たれた……。

(中略)

戦後初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》とその乗員たちを中心に、政府やメディア、そして国民たちが、それぞれの立場、それぞれの思いで、この国が保ち続けた平和を守ろうとする熱き闘い。そのとき彼らは何を考え、如何なる選択をするのか。そして手にした力はどのような形で使うべきなのか。我々がこの映画で目撃するのは、そんな彼ら一人一人の決断が作る、明日の日本の姿である。

 

映画『空母いぶき』公式サイト

 

何が起きているのかよくわかっていない国民目線でぽかんと観ていた気がする。

日本の島がどこかの国の武装集団に侵略され国旗のようなものを立てられる。現場にいぶきが向かうが相手の潜水艦から攻撃を受けた。恥ずかしながら、実際、この程度のことしかわからなかった。

相手は国連にも属していない新しくできた小さな国家?のように思ったのだが、潜水艦や戦闘機や空母を持っているので、本当は大きな国なのかなとも思う。

国民に被害が及べばそれは戦争だ、という秋津艦長の信念のもと、戦争を未然に防ぐため、国や国民を護るため、自衛隊が戦うという物語。しかし、自衛隊にも相手側にもなるべく死者を出したくないという思いもあり、なかなか難しそう。

よくわからないなりに、緊張感とわくわく感があり、退屈はせず楽しく観ることができた。

あと、自衛隊の方々が皆格好よく描かれているので、かっこいいなあと思いながら観た。

取材で偶然いぶきに乗っていたネットニュースの記者の本田さんや、新聞記者の田中さんも、恐怖と戦いながらも自分たちにできることをとことんやってやろうという気持ちで動いていて、それも格好よかった。

海上の出来事との対比として、街のコンビニの様子が時折挟まれるのだが、店長や店員が頑張って働いているというクリスマス直前の普通の風景を、護るべき日常として描いているのかなと思った。


『空母いぶき』第二弾予告映像【30秒】(5月24日 全国ロードショー)