パジャマ人間

日常の思考や嗜好やなにかの感想など

小坂理絵『とんでもナイト』全3巻

フツーに恋愛したい女子高生、屋敷カンナ。だけど、超過保護なパパが、娘に男をちかづけまいと、ボディーガードロボットをつくっちゃったの!!大ヒットのロボットコメディー。

『とんでもナイト』1巻裏表紙より

元気で心優しい女子高生カンナと、カンナと接するうちに感情を持ってしまったヒューマノイド小次郎のラブコメ漫画。

大好きなポッドキャスト『少女漫画喫茶』で紹介されていたので読んでみた。

小坂理絵先生の名前でピンとこなくても、絵は見たことがあるはず!と、あきらさんがおっしゃっていたので、検索してみたら本当に絵には見覚えがあった。

私は、たぶん『セキホクジャーナル』とか読み切り作品をたまに読んでいたのではないかと思う。

 

『とんでもナイト』、めっちゃくちゃおもしろかった。

ナイトは「騎士」のほうのknightである。

小次郎は、カンナのイトコと偽って高校にも通っている。感情が昂ると首がごろんと取れてしまうという危うさもありながら、その、小次郎の首が取れた際のカンナの言動で小次郎の感情が揺れたということがとてもわかりやすい。

主要キャラクター以外もとても魅力的で、娘に男を近づけさせないように作ったヒューマノイドのはずが、そのヒューマノイドと娘が恋愛関係になっているということが我慢できず邪魔ばかりするパパもいい。絵に描いたようなおばあちゃん(頭身が低い)である家政婦のシズエさんもとてもかわいい。カンナの恋敵の美緒ちゃんもかっこよくて好き。

やっぱり、なによりカンナが素敵すぎである。自分を守るために作られた小次郎に危険が及ぶと、身を挺して小次郎を守るのだ。かっこよすぎ。

キャラクターを応援しながら、元気をもらえる漫画である。

マンガ図書館Zで読めます。是非。↓

www.mangaz.com

とんでもナイト 1 (講談社コミックスなかよし)

とんでもナイト 1 (講談社コミックスなかよし)

 

radiotalk.jp

パジャマ人間