パジャマ人間

日常の思考や嗜好やなにかの感想など

アストリッド・リンドグレーン『やかまし村の子どもたち』(石井登志子訳)

『やかまし村の子どもたち』は、やかまし村という自然豊かな田舎で暮らす子どもたちの、楽しい日常を描いた児童向けの小説である。

小学生のときに、好きで読んでいた。図書館に新装版が入っていたので、懐かしくなって借りてみた。

今回読んだのは、イングリッド・ヴァン・ニイマンさんという方の挿画だが、私が昔読んでいたのは、イロン・ヴィークランドさんという方の挿画のハードカバーのものだった。どちらもかわいい。

 

かまし村には、家が三軒しかなく、その三軒がすぐとなり同士に並んで建っている。

主人公はリーサという名の、七歳の女の子。もうすぐ八歳のお誕生日を迎える。

リーサの家は中屋敷と呼ばれる、三軒の真ん中の家、ラッセ(九歳)とボッセ(八歳)というお兄ちゃんがいる。

他の二軒の家は、北屋敷と南屋敷と呼ばれており、南屋敷にはウッレ(八歳)という男の子がいる。北屋敷にはブリッタ(九歳)とアンナ(七歳)という女の子がいて、リーサはブリッタとアンナが大好きである。

 

さて、『やかまし村の子どもたち』には、子ども心に憧れるポイントがいくつかある。

中屋敷と南屋敷のあいだには垣根があって、そのまんなかあたりに大きな木が生えていて、二軒の家のあいだいっぱいに枝をひろげています。父さんが、ボダイジュって名前だと教えてくれました。そのボダイジュは、ラッセとボッセの部屋の窓にも、ウッレの部屋の窓にも、枝をのばしていて、ラッセとボッセとウッレは、おたがいに会いたくなれば、枝をつたっていけて、とてもべんりなんです。

ザ・おさななじみな描写である。おさななじみあるあるのひとつ、窓から互いの家に行き来できる。憧れる。

さらには、リーサがお誕生日に自分の部屋をプレゼントされるシーン。目かくしをされたリーサが連れて行かれたのは、見たことのない部屋だった。

あたしたちは、いままで見たこともない部屋にいたのです。すくなくとも、あたしは見たことがありませんでした。(中略)ここで、あたしは気がつきました。いま、あたしがいるのは、まえにおばあちゃんがいた部屋だって!

フリーダおばさんのところへ引っ越したおばあちゃんが使っていた部屋は物置になっていたのだが、お父さんとお母さんがきれいにかわいく模様替えしてくれて、リーサにプレゼントしてくれたのだ。素敵。あと、単純に家の中に見たこともない部屋あるというのに憧れたなあ。

そして、リーサの素敵な持ちもののひとつ、ブックマルケン

あたしは、ブックマルケンをたくさん持っています。あたしたちは、学校でブックマルケンのとりかえっこをします。でも、なかには、ぜったいにとりかえたくないのが二十枚あります。いちばんすてきなのは、大きな天使がえがかれたブックマルケンで、ピンクの服に羽をつけています。

謎の素敵アイテム「ブックマルケン」。ブックマルケンとは一体なんなのか。註釈があった。

きれいな絵の印刷されたシート。天使、花、家、動物などいろんな絵柄があり、切りはなせるものもある。女の子たちはブックマルケンを集めたり、友だちと交換したりして楽しむ。

なるほど。「ブックマルケン」を我々の言語で言い換えると、「ビックリマンシール」ということになる。ビックリマンシールには、十字架天使、クロスエンジェル、アローエンジェル、ストライクエンジェルなど天使の絵柄も豊富である。十字架天使は、ピンクの服に羽をつけています。ちょっと服の面積が少ないけど。

他にも、騎神アリババなど下半身が動物の不思議な絵柄もあるし。ヤマト王子や天子男ジャック、ヴィーナス白雪など、いろんな絵柄がある。剥がすと下から別のシールが登場するものもあった気がする。

あと忘れてはいけない、ヘッドロココね。ピンクの服に羽をつけています。

(全然関係ないが、クロスエンジェルが腰に付けているたまごが何故かめちゃくちゃ好きだった。なんだっけ、あのたまご。十字架のかたちのバズーカみたいなのにたまごをこめて撃っていたように記憶している)

話がそれてしまったが、他にも、ブリッタとアンナのおじいちゃんに氷砂糖をもらったり、こねこを飼ったり、干し草小屋にお泊りしたり、やかまし村の子どもたちは楽しいことをたくさんして過ごしている。

小学生のころと同じようにはわくわくできなかったが(もう私はクローゼットの奥の釘に秘密の鍵を隠しておくような年齢ではないのだ)、当時のわくわく加減を思い出しながら楽しく読んだ。

やかまし村の子どもたち (岩波少年文庫(128))

やかまし村の子どもたち (岩波少年文庫(128))

 
やかまし村の子どもたち (リンドグレーン・コレクション)

やかまし村の子どもたち (リンドグレーン・コレクション)

 

パジャマ人間